PAGE TOP

写真館で家族写真を撮りたいシーン

写真館で撮る家族写真は、普段の写真撮影では味わえない特別感があります。

「せっかく写真館で撮ってもらうのだから」と服装や髪型に気をつかう、気合を入れて写真館に向かう、カメラマンの指示に従って家族みんなで同じポーズを撮る、誰かが目をつぶってしまって笑いが起きる、なんてこともあるでしょう。

家族写真を撮ることで家族に一体感が生まれ、家族写真を撮ること自体が思い出のひとコマになるはずです。こちらでは、写真館で家族写真を撮りたいシーンを紹介していきます。

お宮参り・七五三写真

写真館で家族写真を撮りたいシーンお宮参りや七五三は、子どもの健やかな成長と幸せを願い神社にお参りをする日本の風習です。

お宮参りは、赤ちゃんが誕生してから1か月目に両親や祖父母と神社にお参りします。

赤ちゃんには白羽二重の着物を着せ、七五三では振袖や袴を着て華やかにお祝いをします。

七五三の起源とされる平安時代は子どもの死亡率が高く、今まで無事に育ったことと今後の健やかな成長を神様に祈っていました。

また、子どもにとっても、みんなから祝福されることで自覚を持つことができます。家族写真を撮ることで、お子様にもその時の記憶が印象に残りやすくなるでしょう。

入園・入学写真

入園・入学は、お子様の心をドキドキ感とワクワク感で一杯にします。

新しい園服や幼稚園バック、ピカピカのランドセルや真新しい洋服を身につけ新しい世界に足をふみだします。ランドセルやお洋服は、祖父母からプレゼントされた特別な物というお子様もいるでしょう。

入園や入学はご両親や祖父母にとってもドキドキな日です。ドキドキ感に包まれた入園・入学写真には愛情が一杯込められているはずです。

その写真を大人になって見返した時、自分を励ましてくれる大切な存在になっているはずです。

成人式

冠婚葬祭の「冠」は成人式を表しています。

成人するということはそれほど大きな意味を持っています。成人式は人生で重要な節目の日です。

成人の日は「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」でもあります。振袖姿や羽織袴の正装に身を包み大人への一歩を歩み始める日。

家族写真は大人への自覚をより深めてくれるでしょう。

東京で家族写真ならクチコミで評判の「写真の高橋」にお任せください。
1946年創業の写真の高橋では、歴史と伝統の積み重ねによる最高の技術で、最高の家族写真を撮影致します。

ペットと一緒に撮影することもできます。その他、オーディション写真や宣材写真、卒業記念写真や就活写真にも対応しております。

老舗写真館・写真の高橋は江戸川区にございます。江戸川区周辺にお住まいの方もどうぞご利用ください。