PAGE TOP

ペットの成長を東京の写真スタジオで残そう

つい最近まで仔犬だったワンちゃんが、気がついたら大きな犬になっているという話しはよくあります。
そんな犬の成長を写真に収めて、一生の思い出として残してみませんか。

犬の年齢を人間に換算すると

犬種にもよりますが、ワンちゃんの年齢を人間に換算すると、1歳の犬で人間の20歳にあたるといわれています。生まれてから1年足らずで立派な成犬になるのです。

一般的に小型犬は大人になるのが早く、大型犬になるほどゆっくり成犬へと成長していく傾向があります。

シーズーなどの小型犬の場合、1歳で人間の17歳ぐらいで1歳を過ぎた頃に成犬となりますが、ゴールデンレトリバーなどの大型犬は、1歳で人間の12歳、2歳を過ぎてやっとで成犬になります。

そのため、しつけも早い段階で行うのがいいとされています。

成犬を過ぎると

生まれて1年から2年の間で成犬へと成長していきますが、その後は少しずつ年をとっていきます。
小型犬は1年に4歳ずつ、大型犬は1年に7歳ずつ年を重ねていくと考えられています。

そして、大型犬は7歳ごろに、小型犬は10歳前後になると老犬期といわれ、様々な老化現象が始まります。
視力が弱くなったり、耳が遠くなったり、毛が薄くなるなどのサインが現れるようになります。

ワンちゃんの成長ぶりを写真スタジオで

このように、ワンちゃんの成長は人間と比べるととても早いもので、今見られる姿はこの一瞬だけのものなのです。

だからこそ、その時しか見られないワンちゃんの姿を写真に収めておくことはとても大切なことです。
デジカメやスマートフォンなどでも簡単に写真が撮れますが、写真スタジオのプロのカメラマンによる撮影で、より綺麗にワンちゃんと一緒の家族写真を残しておきませんか。

東京で家族写真をペットと一緒に撮れる写真スタジオを探すなら、写真の高橋へお越しください。
創業since1940の写真の高橋は、ペット撮影の専門家が撮影します。

写真の高橋の写真スタジオは、東京都内の江戸川区にあり京成線やJR総武本線で簡単にアクセスできます。東京都内の方をはじめ、千葉方面の方もご利用しやすくなっています。

また、ペットの写真撮影だけではなく、CAやエアライン用就活写真や、婚活・見合い写真の撮影もお任せください。