PAGE TOP

フォトスタジオでよく使われる用語

フォトスタジオの撮影現場では、様々な専門用語が使われています。
一般的に通用する言葉もいくつかありますが、聞きなれない言葉も多いはずです。

こちらでは、写真撮影でよく使われる用語について、いくつかご紹介します。

ポートレート

人物を対象とした肖像写真のことです。必ずしも、全身を写す必要はありません。
顔や身体の一部、後ろ向きであっても、ポートレート写真に分類されます。
表情が良く分かるよう、胸から上で撮影することが多いです。

ロケーション

屋外で撮影することです。海や公園、桜の木の下など、景色の美しい場所で撮影していきます。
スタジオ撮影とは違う雰囲気と、開放感が味わえます。

一生の記念になる結婚式や成人式では、ロケーション撮影が好まれます。

焼き増し

オリジナルのフィルムから、2枚、3枚と複数の写真をプリントすることです。
通常、1枚目の写真よりもプリント代がお得になります。

トリミング

撮影後の写真の一部を、効果的に切り取る作業のことです。
アスペクト比の変更、余計な写り込みの排除など、構図調整のために行われます。

フレーミング

撮影時にどこを撮るか、ファインダーを通して撮影範囲と構図を決めることです。
フレーミングの良し悪しが、写真の仕上がりに大きな影響を与えます。

前撮り

結婚式や七五三の前など、大切なイベントの当日に先駆けて行われる撮影です。
イベント当日は忙しく、落ち着いて写真を撮れない場合が大半です。
前撮りであれば、ゆっくり落ち着いて撮影することができます。

6つ切り・4つ切り

写真のサイズのことです。数字が大きくなるほど、サイズは小さくなります。

ポーズ数

写真のカット数のことです。
フォトスタジオでは、一人の人物を違う角度から撮影したり、様々な格好やポーズで撮影していきます。
ポーズが違う写真を2つプリントする場合、料金は2ポーズ分となります。

江戸川区でフォトスタジオをお探しなら、小岩駅近くにある当写真館をお選びください。
江戸川区JR総武沿線・京成沿線に所在する、レトロでおしゃれなフォトスタジオです。